「労働保険 年度更新手続き」のご案内

『労働保険料確定賃金内訳表』・『労働保険料算定基礎賃金等の報告書』作成の際には以下の
「年度更新計算支援ツール」をお使いいただくと便利です。

年度更新書類は4月20日(金)までにご提出ください!

H30年度版 労働保険 年度更新計算支援ツール.xls

上記の「年度更新計算支援ツール」で作成し、プリントアウトした場合は、お手元の

『労働保険料算定基礎賃金等の報告書』原本も合わせて提出してください。

事業主氏名欄の署名・捺印と作成者氏名欄の署名・捺印もお忘れないようご注意下さい!

※ご不明な点がありましたら辰野町商工会までお問い合わせください。

辰野町商工会
TEL:0266-41-0258
FAX:0266-41-4925



労働保険の保険料は、毎年4月1日から翌年3月31日までの1年間を単位として計算されることになっており、その額はすべての労働者(雇用保険については、被保険者)に支払われる賃金の総額に、その事業ごとに定められた保険料率を乗じて算定することになっています。

労働保険では、保険年度ごとに概算で保険料を納付いただき、保険年度末に賃金総額が確定したあとに精算いただく方法を採用しています。

したがって、事業主は、前年度の保険料を精算するための確定保険料の申告・納付と新年度の概算保険料を納付するための申告・納付の手続きが必要となります。

この年度更新の手続きは、毎年6月1日から7月10日までの間に行わなければなりません。

手続きが遅れますと、政府が保険料・拠出金の額を決定し、さらに追徴金(納付すべき保険料・拠出金の10%)を課すことがあります。

詳細は厚生労働省ホームページをご覧ください。

2018.03.26