辰野町テイクアウト2021からのお知らせ

辰野町飲食店テイクアウトレポート 寿司・割烹いさみ

(令和3年3月10日:テイクアウト商品のおいしい食べ方一部修正)

 

辰野町に来て、グルメな役場職員の方から教えていただいた辰野自慢のひとつ。
それは、「辰野にはね、毎朝築地市場(現在は豊洲市場)まで行って直接買い付けた魚を、その日の夜に寿司にして出してる店があるんだよ」ということ。これは絶対食べにいかなくては!
宮城県の海の町で育った私は、海産物に目がないのです( ̄∇+ ̄)vキラーン
そして、そのあと出会った同じく宮城県出身・辰野在住の御住職が言うには「地元・三陸で食べた寿司より、いさみの寿司の方がおいしい」と…。
それ以来、とっても贅沢ができる日は寿司・割烹いさみさんのお寿司を食べるのが特別な日のお楽しみになってきました。
ランチは比較的リーズナブルなので、誰かお客さんが来た時などもよく利用させてもらっています。

(昭和34年4月創業。仕入れ業は76年になる。コロナ禍でも毎日豊洲からの仕入れは欠かさない。)

 

しかし、そういえば私はお寿司や海鮮丼など、生物しか食べたことがなかったのです…(*・ω・)ン?驚愕の事実!

なのに、テイクアウトの一押しは「大海老天丼」だと言うじゃないですか!

「これはもう、いますぐ食べるしかない!」ということで、早速いさみさんにテイクアウトに行ってきました!

名前の通り、器からはみ出さんばかりの……じゃなくて、すでに大幅にはみ出た海老天がど・ど・ど・ドーン!と鎮座ましましてます。
器に入りきらないだけあって、カメラの画角にもおさまりきってませんΣ(゚Д゚;)アラマッ

 

持ち帰りの瞬間から、何かがおかしい……なぜ、蓋が閉まり切っていないのか……笑
海老天が大き過ぎて、器の蓋も閉まらないので、こんな風になんとかしてテープでとめて渡してくださいます。
海老の長さはなんと30cmもあります!しかも、頭とかついていないにもかかわらず!Σ(○д○ノ)ノ
食べ応えがあるという言葉では表現し切れないくらいの、海老天の存在感。
最初、大真面目に「そんなにでかいエビがいるんですか!?」と聞いてしまいました……が、実際には、天ぷらをあげている間にエビがくるりと丸まってしまわないようにする秘伝の技があるんだとか!
エビの他には、なす、にんじん、カボチャ、さつまいも、大葉などの野菜天ぷらがたっぷり乗っています。
衣はカリカリで、タレをかけてほんのりしっとりした頃がとっても美味(*´▽`*)
ちなみに、海老天→野菜天→海老天・・・と交互に食べていましたが、野菜天ぷらの方があっという間になくなってしまって、最後には黙々と海老天だけ食べました。とっても贅沢…!
半分以上食べたあたりで、やっと丼に治る大きさになりましたよ…笑

 

【お店からみなさんへ】

対面スクリーン、ソルパットを店内5台、アルコール消毒を多数設置しています。店内も安心してご利用いただけます。席数削減により、以前以上に席が塞がってしまうことがあるので、事前に電話などでお問い合わせいただいたほうが確実です。

 

 

 

【寿司・割烹いさみ】
●所在地:辰野町辰野1671
●電話番号:0266-41-0272
●HP:https://www.isami-susi.com/
●定休日:月曜日
●営業時間:11:30-14:00(L.O.13:30) / 17:00-22:00(L.O. 20:30) ※日曜日は21:00まで
●駐車場:店舗の近隣に数カ所あります

 

 

【寿司・割烹いさみのテイクアウト事情】

  • おすすめテイクアウトメニュー:いさみの大海老天丼(折の場合税込1998円)
  • テイクアウト商品のおいしい食べ方:

冷めたら電子レンジで温めるか、天ぷらはオーブンで軽く焼くように温めるほうが美味しいです(タレも温めると美味しい)。

  • 予約方法:前日までに予約してください。当日予約は状況により可能な場合もあります。
  • 電話受付時間:営業時間内